FC2ブログ

鮭の皮とインフルエンザとビタミンC 野菜ごはん教室

鮭の皮とインフルエンザとビタミンCのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

鮭の皮とインフルエンザとビタミンC

先週、長男がインフルエンザB型にかかりました。

といっても学校を休んだのは木曜日の一日だけですみました。

何故か…。

木曜日の朝に制服を着てさあ出発というところで

「お母さん、今日は昨日よりだるいよ。。」

ということで熱を測ったら38.6度。病院で診てもらったらインフルエンザB型ということでした。


「ただ、検査の反応がうっすらなのでかかりはじめか終わりでしょう。症状が出始めたのはいつからですか?」

「調子が悪かったのは月曜からです。」

「では、終わりかけですね。」


そして、翌日には熱も下がりいきなり元気に。
その日は学校の高校入試日で中学校も休みでしたから自宅静養し、土日は外に出たがってうるさかったのですが我慢させ、月曜の朝イチで登校許可証を病院でいただき、学校へ。

長く休むとその分のノートやプリント等がたまって大変なのでちょっとほっとしました。


ですが、一抹の不安が。


月曜から症状が出ていたということは周囲の生徒に伝染しているのでは(汗)。

息子のクラス以外はインフルエンザが大流行りだったので、息子の場合それをもらったのか電車でもらったのかはわかりませんが、息子のクラスで流行った場合は間違いなく原因は彼でしょう。
担任の先生にはお詫びものでした。


そして帰宅した息子に「みんなどうだった?」と聞くと、

「欠席8人。みんなインフルエンザB型。しかもほとんどが僕の周りの席だよ。」と。


ひゃ~、申し訳ないっ。


そして最も気になったのは「O君」。

彼は息子のお弁当に鮭が入っていると、「皮ちょうだい!」と、いつも皮を食べるのです。
(O君がいつも皮を食べると聞いてから、密かに意識して皮に焼き目をつけてO君が美味しくたべれるようにしています♪)

で、息子が菌をばらまいていたと思われる先週は、
お弁当に鮭が登場していたし、ウナギのときもあり、

「今日はウナギかよっ!鮭だのウナギだのおまえんちはどこで買い物してんだよ。いいなぁ~!」と、一切れあげたりしていたそうな。
(うちとは比べ物にならないセレブなO君。おそらくお弁当に魚を入れる習慣がないだけかと思われます。)



恐る恐る、「O君は?」

「元気」


よかった~。


やはり、インフルエンザのように強い菌でも伝染る人とそうでない人はいるんですよね。


息子も、登校できるくらいだったんだ??とお医者さんから言われたのですが、


そうだったんです。

インフルエンザと出てびっくりしましたから。


ただ、症状が軽かった理由を考えてみると心当たりはあります。
先週一週間は、


①のどが痛いというので毎朝晩とマヌカハニー(アクティブ15←強さの度合い)をなめていました。

②ビタミンCをたっぷりとれる料理や果物、とれないときはサプリメント(天然由来)を家族でとりました。

③ねぎと味噌の料理をいつもより意識しました。

④家の中でもマスクをさせました(弟にも)。

⑤タオルは個別にして細目に取り換えました(洗面台の横にはタオルがずらり)。


といった内容です。

加えて我が家では空気清浄器が常時ついていますし、冬は湿度も気を付けています。


上記で何がよかったのかわかりませんが、今回の息子のインフルエンザは家族はかかっていません。
(もしこのあと、息子が原因と思われるインフルエンザを発症しましたらお知らせしますね)


マヌカハニーは免疫力を高める優秀なはちみつです。
強さの度合いがあるのですが、子供はアクティブ15以下にしましょう。
直接なめるのがいいのですが、苦手な方はトーストに塗って食べると美味しくいただけます。

ビタミンCは、風邪予防にいいのですが、かかった場合は症状を短く軽減するようです。

ネギと味噌は、免疫力を高めるうちの定番食材です。お弁当に梅干しのようにちょこんとのせたりします。
ネギは生のままでも加熱してもOK。


タオルやマスクや手洗いうがいは基本的なことですが、きっと大切です。


皆さんもまだまだ油断せずお気を付けください。






スポンサーサイト

2012年02月15日 日 記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。