FC2ブログ

東日本巨大地震 野菜ごはん教室

東日本巨大地震のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

東日本巨大地震

3月11日、札幌中心地ビル16階にて仕事をしておりました。

ふらっと一瞬、「立ちくらみ?私元気なのに…??」と思ったのもつかの間、

いきなりぐらんぐらん揺れ出し、地震だ!と気付きました。

今までに経験したことのない揺れで、でも高い階にいるからだろうと、たいして心配していなかったのですが、それでも北海道で地震は珍しいわぁ、とは思っていました。

ほどなく、震源は宮城の方からだと聞き、その直後また大きな揺れが。

そしてこれは関東の方からの地震らしいこともあとからわかりました。

羽田に戻る飛行機は欠航になり、
札幌で延泊。

満室ばかりの札幌で、ようやく手配してもらったホテルに到着しテレビをつけたらことの大きさに驚愕しました。

そして翌日12日は飛行機の振替が最終便しかとれなく、早く帰りたかったので早朝から空港でキャンセル待ちして昼前には羽田に戻ることが出来ました。

新千歳空港は早朝から大混雑、羽田は到着したときにも毛布を敷いて寝てる方が何人もいらっしゃいました。


この日は長男の入学予定中学の登校日で、書類の提出と学用品の購入があったため急いで支度し直してまた都内へと外出。

帰宅したのは18時半頃。

テレビでニュースを確認し、原発事故があったことを知りました。


ずっと不安だったこと。

学生の頃から原発は反対でした。
そんな若い頃は自分には何かできないかと悩んだこともありましたが、
悩むのが嫌で気にしないことにして逃げていました。

でも、やはりこういう日が身近に起こってしまいました。

震災の光景を画面で観るたびに、原発の事故の状況を観るたびに、なにもできないのにどうしていいものかと思ってしまいます。

胸が詰まる思いとはこういうことをいうのでしょうか。


でも私には何もすることができません。。
これ以上悲惨なことにならないように、被災者の方が最善の処置を受けることができるようにお祈りします。



原発事故など、放射性物質漏れによる健康被害の対策は、
その被害にあう前に、またあったらすぐに昆布を食すといいと言われています。

健康被害についてはもちろん専門家ではないのでよくわかりませんが、
甲状腺に影響がいきやすいので、それを一時守るために、ヨードを体内に摂りいれて守るというものです。

昆布はヨード含有率に優れています。

食べるだけでなく、昆布出汁を飲用することでもいいみたいです。


昆布はヨードが多く含まれているため日常には食べすぎはよくないのですが(出汁として使う場合は別です)、
こういう場合はそのヨードが吉に働くようです。



何のたしにもならないかもしれませんが、しないよりはいいかもしれないですよね。



スポンサーサイト

2011年03月13日 日 記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。