FC2ブログ

SORISSO夜のクラス 野菜ごはん教室

SORISSO夜のクラスのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

SORISSO夜のクラス

先週金曜に恵比寿の料理教室sorissoで2度目の夜のクラスを担当しました。

様子を撮るのをうっかりしてしまいましたが、夜は働いている方向けのクラスでその日のコースは「料理合コン」でした。

「合コン」といっても健全でして(いえ、普通の合コンが健全でないということではなく…汗)、つまりsorissoの「料理合コン」はスタジオにもなるお洒落なオープンな場所で行う、料理教室先にありきの合コンなので◎です。

とは言え、夜のクラスは時間制約が昼よりもあるので短く手早く行うためにあらかじめの準備はスタッフで行っておきます。

その日は春野菜を使ったメニューで、

「高野豆腐の南蛮漬け」
「うどのきんぴら」
「〆のふき味噌ごはん」
「お好み焼き春巻き」


でした。

私は恵比寿のその教室では「ゆるマクロ」担当なので、マクロビオティックを意識した完全穀物菜食のレシピを提供するのですが、
おひとりの女性から、

「普段のクラスにもこういったマクロビオティックはありますか?以前に行ったマクロビオティックの教室が美味しいとは思えないレシピで、家族にも不評で…でもこういう美味しいマクロビオティックがあるなら習いたいです。」

とお言葉をいただきました。
(私は当分は土日昼間のインナービューティー(ゆるマクロ)のクラスは行けないので他の講師になります。)

参加者のほとんどの方はそこまで菜食に関心のある方はいらっしゃらないだろうな…と思っていたのでとても嬉しかったです。

他にも菜食になんとなくご興味のある女性は数名いらして安心しました。

でも男性にはこの地味な味はどうだっただろうか…と、最後に今回の中で一番地味な「ふき味噌ごはん」について、
「この苦味を美味しいと思う方!」と挙手をお願いしましたらほとんどの方が手を挙げられていて、
苦味を美味しいと感じて下さるならよかった…と思ったのでした。

というのは、苦味を美味しいと感じるようになるのはある意味大人の味覚で、体が苦味を欲しているというひとつのサインなのです。

なので、体が苦味を欲するというのは、
春になって冬にためていた老廃物を出したい、苦味でしゃっきりとしたい、肝臓の働きを助けたいという様々なことが考えられますから「地味」な味がある程度は受け入れていただけるということなのです。

ただ、反省点もありまして、「高野豆腐南蛮」が短時間過ぎて味の染込みが良くなく、いつもの味になりませんでした。

帰りの電車でひとり反省会を行い、さっそく短時間でもOKのレシピに変更。

明日のONEDAYクラス・ベジではそのレシピでいきます。





***********************************************

2010年教室スケジュールはこちらからどうぞ
       ↓

http://yasaigohan.blog109.fc2.com/blog-entry-199.html

※3/16・20のクラス受付中です。

※毎月20日前後に翌月以降のスケジュールをブログ又はメルマガにてお知らせいたします。
 無料メルマガ登録はこちらから
       ↓
http://www.mag2.com/m/M0070916.html

※クラスお申し込み・お問い合わせ・資料請求はこちらから
       ↓
http://form1.fc2.com/form/?id=226301

***********************************************************



スポンサーサイト

2010年03月15日 料理教室日誌 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。