FC2ブログ

7月のONEDAYクラス・ベジ 野菜ごはん教室

7月のONEDAYクラス・ベジのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

7月のONEDAYクラス・ベジ

先週は自宅教室のONEDAYクラス・ベジが2日間ありました。

カレー2009その1

カレー2009その4

カレー2009その3


サービスメニューのタイカレーは両日とも実習できまして、
そのサービスメニューのほうがパンチがあり、ベジカレー2009が少し影が薄くなったような気がしましたが、
体に断然優しいのはベジカレー2009です♪
実習では高きびをひき肉の代わりに使用しましたが、
肉を食べれる方は、入れてみてもよいと思います。
ぐんとこくがアップしますし(当たり前ですね)、例えばベジ食への抵抗がある方や肉に慣れていらっしゃる方はひき肉を入れたとしても、野菜だらけのルーで、とてもヘルシーに仕上がります。

我が家はひき肉は入れずに、高きびや高野豆腐のミンチ状にしたものを具に入れますが、高きびなど雑穀はミネラルのサプリメント感覚で、料理に入れるようにするといいですね。
特に8月中ごろからは晩夏になり、晩夏に取り入れたい食材のひとつはミレット(雑穀)です。

高野豆腐は我が家では肉代わりの定番。教室でもよく使います。
良質のたんぱく質とたっぷりのカルシウム、保存がきく優れものです。
若い頃は好んで食べなかった高野豆腐ですが、今となってはなくてはならない食材のひとつです。

このカレーは冷蔵庫で冷たくしても美味しく、冷たいまま千切りキャベツの上にのせてソースを回しかければサラダとしていただけたり、パンに挟んだりしても合います。

例えば小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんにこのような野菜だらけのものを食べさせるようにしていきますと、舌が野菜だけの甘みに敏感になり、白砂糖のお菓子やアミノ酸のうまみを欲しなくなります。
※勿論、大人も子供よりはずっと時間がかかりますが、そのように変化していきますし、白砂糖の甘みやジャンクなアミノ酸が入った食品への欲求が減っていきます。

うちではこのカレーは、ビタミン源として作り、最初はカレーとしていただき、残りは冷蔵庫保存で上記のようにおかずとしてアレンジします。

その他には
マヨネーズを使わないコールスローサラダ、
揚げないガーリックポテト、
切り干し大根のはりはり漬けを作りました。

来月のテーマは「晩夏のマクロビオティック」です。
いつものONEDAYクラス・ベジよりもすこしストイックに、体に優しいマクロビオティックレシピで献立を考えました。

詳細は、9月のスケジュールと共に、明日のブログでお知らせいたします



スポンサーサイト

2009年07月22日 料理教室日誌 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。