FC2ブログ

野菜ごはん教室

横浜市青葉区にある秋山真理主宰の小さな料理教室での出来事と日々のこと。※現在自宅教室休業中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

1月26日ONEDAYクラス・ベジ

今月のONEDAYクラス・ベジは「大根レシピ」クラスでした。

1/26①

今月は急なスケジュール発表にも関わらず、平日クラスにお集まりいただきましてありがとうございました。
また土曜のクラスは開催キャンセルとなりまして、ご希望いただいていたS様には申し訳ございませんでした。

2月も「大根レシピ他」クラスに加えて、同じ「大根レシピ」クラスも開催いたしますので皆様のお越しをお待ち申し上げております。


この日のメニューは
・ふろふき大根(・基本の味噌ダレ)
・大根もち
・大根の柚子なます
・大根のかき揚げ(・大根蕎麦)
・大根ステーキ(シンプル版)
・白菜の酒蒸し(サービスメニュー)
・白菜漬けの炒め物(サービスメニュー)

でした。

白菜漬けの炒め物(サービスメニュー)は開催前日に美味しそうな白菜漬けをみつけたので、一品追加することにしました。
これは実に簡単な一品なのですが、私が小さい頃から好きなお惣菜でしてご飯にとてもよく合うおかずなんです。
母は甘みを足して作るのですが、そこから甘みを引いたのが私のレシピです。
地味すぎて(地味なものばかり実習しますが、いつにもまして地味です。)教室では出そうかずっと迷っていたレシピだったのですが、作るといつも家族もご飯といっしょに箸がすすむので作ってみました。

この日の実習では蕎麦だったのでご飯と合うのがわかりませんでしたが、
ご参加いただいた皆様には是非ご自宅でも作っていただきたいと思います。

今回の大根を使ったメニューは作りやすい、「大根一本なんてあっという間!」の便利で美味しくいただけるものを特に選んで作りましたが、
本当は「大根のガーリックライス」「大根葉ごはん」「大根のチヂミ」や他のものも加えた二種類の大根レシピクラスを開催したかったです。
開催数を増やすことが難しいので一種類の大根レシピクラスとなりましたが、
どこかのクラスでまた作れなかった大根レシピを少しずつ入れていきたいなぁ、と思います。

大根は日本の美味しい美味しい野菜です。
美味しいだけでなく、
毎日食べたい程、体を整えてくれる優秀な野菜の代表です。

是非いろいろな食べ方で楽しんでいただきたいです。

1/26②



今月からアシスタントA子が復活しました。
子連れのアシストとなりますが皆様どうぞよろしくお願い致します。
※アシスタントのひとみさんも勿論継続してもらっています


***********************************************

2010年教室スケジュールはこちらからどうぞ
       ↓

http://yasaigohan.blog109.fc2.com/blog-entry-199.html


※毎月20日前後に翌月のスケジュールをブログ又はメルマガにてお知らせいたします。
 無料メルマガ登録はこちらから
       ↓
http://www.mag2.com/m/M0070916.html

※クラスお申し込み・お問い合わせ・資料請求はこちらから
       ↓
http://form1.fc2.com/form/?id=226301

***********************************************************






スポンサーサイト

2010年01月29日 料理教室日誌 トラックバック(0) コメント(0)

「大根レシピ」のクラス

今年最初の自宅教室は「大根レシピ」のクラスです。

毎年開催しているこのクラスですが、
今までの大根レシピ数を考えると「大根レシピ①」「大根レシピ②」としたいところですが開催できる日数が増やせないので、これは実習したいという大根のレシピを選んで今年は開きます。

今年の内容は

・大根ステーキ
・ふろふき大根(甘酒味噌ダレ)
・大根のかき揚げと大根蕎麦
・大根のチヂミ(大根もち)
・大根の柚子なます
・白菜の酒蒸し(サービスメニュー)


です。

ふろふき大根は冬には絶対につくりたい1品です。
体を温め、整えます。
コトコト優しく煮て、基本の味噌ダレでいただきます。

大根のかき揚げは大根の揚げ物の美味しい頂き方のひとつです。
大根蕎麦は一緒に大根を食べざるを得ないので、大人はもちろんのことこどもには野菜慣れさせるのにひと工夫のレシピです。

大根のチヂミ大根もちは大根と粉物の焼きレシピです。
大根のかき揚げと同様、大根の甘みが感じられるレシピですが、予定では大根もちを実習しようと思っています。
大根もち
蒸す手間が追加されるので大根のチヂミより手間は感じられますが、
蒸すまでを行って、あとは食べる直前に焼き目をつけるだけなので食べる時間に差があるご家庭や、お弁当、おやつにも便利です。
辛子醤油と甘醤油のお好きな醤油でお召し上がり下さい。

大根の柚子なますは甘さも塩分も最低限におさえたサラダのようななますです。大根は加熱のときと非加熱のときとでは期待される効き目が違ってきますので、
生で食べたいときの1品にどうぞ。
大根のゆずなます
なますは甘ったるくて食べられない…という方にもお召し上がりいただけます。

最後にサービスメニューで白菜の酒蒸しを作ります。
たっぷりの白菜がぺろりと食べれるレシピです。
肉と一緒のアレンジ版(ベジクラスなので実習しませんが)もお知らせしますが、白菜の甘みがとってもよく出まして、圧力鍋で作るとさらにあっという間のおすすめレシピです。


大根は日本人には是非とも頻繁に食べていただきたい野菜の代表です。

煮て・焼いて・揚げて・蒸して・生で。

食卓に上げるメニューは調理法が集中しないほうがいいので(例えば焼き物が何品もあったり、加熱したものばかりで非加熱やそれに近いものがなかったり、煮物ばかりで調理時間が長いものばかりであったり、というのはバランスがよくありません)、
そのときの他に何を作るかで、では大根の何を作るか、という具合にメニューをプランニングすると、
この時期ほぼ毎食「大根」が使えますから、大根一本もあっという間です。



***********************************************

2010年教室スケジュールはこちらからどうぞ
       ↓

http://yasaigohan.blog109.fc2.com/blog-entry-199.html

※「大根レシピ」クラスにサービスメニューで「白菜の酒蒸し」を追加しました♪

※毎月20日前後に翌月のスケジュールをブログ又はメルマガにてお知らせいたします。
 無料メルマガ登録はこちらから
       ↓
http://www.mag2.com/m/M0070916.html

※クラスお申し込み・お問い合わせ・資料請求はこちらから
       ↓
http://form1.fc2.com/form/?id=226301

***********************************************************











2010年01月21日 日 記 トラックバック(0) コメント(0)

晩ご飯~味噌けんちん~

昨晩の晩ご飯です。

玄米小豆ご飯
ごま塩
青菜の胡麻和え
きんぴらごぼう
大根もち
味噌けんちん

味噌けんちん

体が温まる根菜の汁物が飲みたくてとりあえず、家にあった牛蒡を切ってどんどん鍋に入れて炒めていき、
ついで長ネギも塩ひとつまみ加えて炒めて、ふたつがくったりして甘みが出てきたところで塩ひとつまみ加えて人参、大根、里芋、水切りした木綿豆腐、出汁がら椎茸などを加えたところでどういう味付けにしようか考え、
他のおかずが全てしょうゆ味なのでこの時点で味噌にすることにしました。
他のおかずとの絡みで調味料を変えるという点において、油にも同じことが言えまして、
けんちん汁というとごま油少量で根菜を炒めますが
この日はきんぴらや大根もち(画像には出てきませんが)でごま油を使うのでけんちん汁には油を控えて水炒めで作りました。
そうするとこくがなくなりそうですが、そんなことはなく、
ごぼうやネギをじっくり炒めるとこっくりした出汁にもなります。
また出汁をとったあとの昆布を裂いて入れまして、ことこと煮込むことによって昆布のこっくりした出汁も出しました。
刻みネギや七味を加えていただきました。
温かい具沢山の汁物はほっこりした気持ちになります。



***********************************************

2010年教室スケジュールはこちらからどうぞ
       ↓

http://yasaigohan.blog109.fc2.com/blog-entry-199.html

※「大根レシピ」クラスにサービスメニューで「白菜の酒蒸し」を追加しました♪

※毎月20日前後に翌月のスケジュールをブログ又はメルマガにてお知らせいたします。
 無料メルマガ登録はこちらから
       ↓
http://www.mag2.com/m/M0070916.html

※クラスお申し込み・お問い合わせ・資料請求はこちらから
       ↓
http://form1.fc2.com/form/?id=226301

***********************************************************








2010年01月19日 日 記 トラックバック(0) コメント(0)

2010教室スケジュール

2010年の教室スケジュールをお知らせいたします。  2010.4.8更新




ご注意
・2010年度は不定期開催となりまして、開催日はメルマガとブログ上にてお知らせいたします。
 「メルマガ」配信ご希望の方はこちらから↓
http://mini.mag2.com/pc/m/M0070916.html


・開催内容は例年同じ内容の実習もございますので、内容をご確認の上お申し込み下さいますようお願い致します。




『ONEDAYクラス・ベジ』参加費4,000円(材料費込)定員6名
                 ~肉・魚・卵・乳製品不使用クラス~


次回新作レシピ開催予定 7月
基本レシピ又は旧作レシピ開催予定 5~6月

『ONEDAYクラス』参加費4,000円(材料費込)定員6名
開催未定

『穀物菜食の基本クラス』参加費5,000円(材料費込)定員6名
開催未定

『sorisso』恵比寿のクッキング&コミュニケーションサロン
秋山真理も講師をしております『sorisso』スケジュールはこちらから。





<お申し込み>
自宅教室のお申し込みお問い合わせはこちらをクリックしてください。
(『sorisso』お申し込みはこちらから。)

※その他臨時回が開催されるときは、その都度お知らせ&募集させていただきます(ブログまたはメルマガにて)。
「メルマガ」配信ご希望の方はこちらから↓
http://mini.mag2.com/pc/m/M0070916.html


教室について詳しいご案内はこちらをご覧下さい。
「野菜ごはん教室」ご案内

皆様のご参加をお待ちしております



<2010年の終了クラス> 

1月26日(火)10:15~13:30「大根レシピ」
2月20日(土)10:15~13:30「大根レシピ」
・大根ステーキ(シンプル版)
・基本の味噌ダレとふろふき大根
・大根のかき揚げ(大根蕎麦と一緒に)
・大根の柚子なます(サラダのような柚子なます)
・大根のチヂミ(又は大根もち)
・白菜の酒蒸し(サービスメニュー)
2月22日(月)10:15~13:30「大根1本おろしレシピ他」
2月27日(土)10:15~13:30「大根1本おろしレシピ他」
・平茸と大根おろしのパスタ
・香味野菜のサラダとおろしドレッシング
・おろし出汁豆腐
・2色おろし(動物性食品排出お手当てレシピ)
・大根葉まんじゅう
・大根ガーリックライス
・すいとん(具沢山のつるんとしたすいとん汁)
・鍋で石焼芋(サービスメニュー)
3月16日(火)10:15~13:30「日々のごはん~春野菜~」
3月20日(土)10:15~13:30「日々のごはん~春野菜~」
・けんちん丼(マクロビオティックの定番丼)
・高野豆腐の南蛮漬け
・お好み焼き春巻き
・ワカメとネギのチヂミ
・春が美味しいネギ塩キャベツ
・うどのきんぴら
・ふきみそ
・ニラの箸やすめ

~ご参加ありがとうございました~



2010年01月18日 教室スケジュール トラックバック(0) コメント(0)

年初めの塾弁

ブログをご覧いただいている皆様、
大変遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します。

今年は例年と事情が少し違いまして、
いくつかの外部のスケジュールと調整しながら自宅教室を進めていくことになりました為、
以前までは教室スケジュールを3~4ヶ月毎にまとめて出していましたが、ひと月毎のお知らせとなります。

今月1月分は大変遅くなりまして申し訳ございませんが、
待っていた外部スケジュールが先ほどようやく(!)出ましたので、
調整しまして明日明後日中には発表し、

その後は毎月20日頃に翌月のクラススケジュールをブログとメルマガでお知らせさせていただきます。

年明けの自宅クラススケジュールに関しまして、
たくさんの方からお問い合わせいただき、まことにありがとうございました




さて、先日、今年初の塾弁を作りました。

すっかりお弁当があることを忘れていたので、あわてて冷蔵庫にあるものでこんなものを作りました(忘れていなくてもあるもので作るほぼ毎回質素な塾弁です…)。

「がんもどきと白滝の煮物」
がんもどきの煮物

材 料:
がんもどき 1袋
白滝    1袋
玉ねぎ   1/2個
醤油    適量
塩     少々
水     適量


作り方:
①鍋で湯を沸かし、がんもどきをくぐらせて油を抜き、湯を捨てて鍋を空にし。洗って軽く切った白滝とがんもどきを並べ、水をひたひたに入れて醤油を少々回し入れて火にかけ始める。
②玉ねぎを薄い回し切りにし、白滝の上にのせて塩をひとつまみふる。蓋をして中火で煮る。
③煮立ったら弱火にし、玉ねぎが透明になるまで煮たら、がんもどきの上下を返し、全体に醤油を少しずつ足して味を決めながら白滝と玉ねぎを数回天地返ししながら煮汁がなくなるまで煮る。

※がんもどきはくずれるのを防ぐためあまりいじりません。
※玉ねぎを加えるのは甘味調味料の代わりです。煮物が甘くなります。
※白滝は灰汁抜き済みのものを使用しました。生芋からできているものがよりよいです。
※調味料はきちんと作られた美味しいものを使います。


がんもどきの最近のお気に入りは太陽食品さんで扱っているものと三乃助の京がんもです。
二つとも生地がなめらかで煮ても焼いてもとても美味しいです♪


次いで
「セロリと金時人参の塩きんぴら」
セロリと人参の塩きんぴら

材 料:
セロリ  1本
金時人参 1本
塩    少々
ごま油  少々
白胡麻  適量


作り方:
①セロリは薄く斜め切りにし、金時人参は細い千切りにする。
②フライパンでごま油を熱し、金時人参を広げて塩ふたつまみふる。蓋をしながらときどき返して蒸し焼きにする。
③金時人参に8割方火が通ったらセロリを加えて火を強める。
(塩味が足りないときはここで加える。)
④2~3回天地返しをして白胡麻をふって出来上がり。


金時人参は正月用に出回ることが多い色の濃い人参で調理すると鮮やかできれいです。
近所のマザーズで売っていたのを大量に買いだめしたのが残っていたのできんぴらに使いました。
セロリは年明けから出回るようになり、冷蔵庫に入っていることが多いです。
セロリが苦手な人には恐ろしい一品でしょうが、
食べてみると意外にセロリが食べやすく感じられると思います。
ちなみにうちの子供たちはこのきんぴらが大好きです。
セロリが天敵の夫も食べれます。

そして、大根葉としらすのふりかけとさっとゆでた白菜も作って玄米ごはんの上に全てのせたらこの日の塾弁の完成です。

2010最初の塾弁

大根葉としらすのふりかけは、茹でた大根葉を細かく刻み、しらすと共に炒りました。
白菜は茹でてきちんと密封できる容器に入れておくと、そのままでも調理に加えてもいいので便利です。

白菜茹でたの

使い切る目安は二日です


2010年01月14日 レシピ トラックバック(0) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。